葉酸を中心に不足気味の栄養を摂り入れていくのがポイントです

まず、妊活といえば定番となっている葉酸の必要量摂取は大前提と言えるでしょう。

ビタミンB群である葉酸は緑黄色野菜や肉類、卵といった食材からも摂り入れられる栄養ではありますが、水に溶け出しやすく、加熱することで失われやすい性質というのが欠点です。

 

赤ちゃんが先天的な障がいを背負うリスクを軽減できる大切な成分ですが、妊活女性が必要としている1日400μgを摂り入れるのが困難であることから、厚生省でもサプリメントの活用をすすめています。

 

これに加えて、赤ちゃんをお腹の中でしっかりと育てるためにも栄養や酸素を運ぶ血液の質を高め、量を十分に満たしておく必要もあります。

女性は貧血気味の体質のかたが少なくありませんから、葉酸にプラスして鉄分を補給できるサプリメントを選ぶのがおすすめです。

 

ただ、サプリメントはあくまでも栄養補助食品です。食事から充分な量を摂りにくい葉酸のような成分を効率よく摂取するのには有効ですが、逆に、食事からしっかり摂れる栄養に関してはわざわざサプリメントを利用する必要はありません。

 

鉄分に関してもレバーやお肉の赤味、ほうれん草などから摂れますが、普段から食べる習慣があれば問題ないでしょう。

たとえば、赤ちゃんの歯や骨の形成にはカルシウムが必要になります。

 

にもかかわらず、豊富に含まれる乳製品や小魚が苦手だという場合には、その点を補うためにサプリメントから摂り入れるといった活用をしてください。

普段の食生活を見直して、不足を感じる栄養が含まれたサプリメントを選ぶのがポイントになります。